★6月14日〜16日 大垣(FT)注目選手 ひかり Top Pageへ
【レース展望】
S級
 三谷将太がケガを乗り越え復調気配。自在、畑段嵐士に任せ、地元奈良GVに続きVへ。朝倉智仁が先制狙うが、神田龍も先輩の柴崎俊光を連れて反撃に出る。川口公太朗も地元の意地でV争い。
A級
 活きの良い機動型が揃うが、石井洋輝が前回完全Xの勢いそのままに。同じ北日本の磯島成介も魅力一杯。谷和也−堀僚介の大阪コンビや、荒木貴大も力走。

 
【有力選手】
S級戦
三谷  将太   (奈良)
三谷 将太   GT戦の常連として実績随一。昨年後半はケガの影響で長期欠場を余儀なくされたが克服、地元奈良GV、俊敏に内から抜け出し見事V奪取。4月の当所でも決勝進出、そして今開催は畑段と息の合った好連係から格上の捌き、決め脚を見せつけ台頭する。
畑段  嵐士   (京都)
畑段 嵐士   捌いて良し、動いて良し。レースセンス光り105期のルーキーチャンプでもある。ダービーでは森田優弥−神山拓弥の三番手確保から強襲しGT戦初勝利。続く当所大垣でもきっちり決勝進出を決めている。今回も近畿の中核として機敏な立ち回りからV争いを繰り広げる。
朝倉  智仁   (茨城)
朝倉 智仁   こちらは115期のルーキーチャンプ。競輪学校時から果敢な走りを貫き着実にパワーアップ。特進を重ね、今期ついにS1の座へ。持ち味は何と言っても気っぷの良さと強地脚、いわき平GV決勝でも森田優弥を連れて思い切って発進。ここも風を切りパワー全開。
川口 公太朗   (岐阜)
川口 公太朗   バック数こそ減ったがイン斬りを交え、気合い良い好位戦に活路を見いだし、捲り差しのスピード強烈。来期はいよいよS1昇格とあって気分も乗っているはず。加えて今開催は地元の一戦、総力戦で何が何でも勝ちにいく。先月のダービー、谷口遼平を援護から決め脚鋭く快勝。
A級1・2班戦
石井 洋輝   (福島)
石井 洋輝   学生時代は主に長距離種目で活躍。115期在校時、三千m独走ナンバーワンと抜群のスタミナ誇る。そして強烈なスピードを兼ね備えベスト8にランクされた。デビュー後も積極的な走りを心掛け上昇中、来期S級昇格も決定。叩き合いを制し連覇へ突っ走る。
上記選手については、傷病等により欠場する場合もありますので、ご了承ください。