★4月21日〜23日 四日市(FT)注目選手 ひかり Top Pageへ
【レース展望】
<S級>
 北日本勢が競走得点上位を占める。実勢随一、山崎芳仁が菅田壱道、佐々木雄一、大森慶一と好連係。しかし別線に坂井洋、大石剣士ら活きの良い機動型が揃う。谷口遼平に地元の意地。奈良記念を制した山田久徳もスピード鋭く。
<A級>
 北川大五郎−山本巨樹の大阪コンビがVを量産中。本線になりそうだが、武田亮が果敢に挑む。小林令が番手を含め機敏に台頭。地元の広田敦士も力走必至。

 
【有力選手】
山崎  芳仁   (福島)
山崎 芳仁   GTタイトル9度の実績誇り、悲願のグランドスラムへ残るはダービーのみ。41歳の今でも各地で底力を見せつけ、カマシ、捲りに加えマーク策も十分にこなし何でもできる強味。全日本選抜3勝、小倉では10秒9を計時するなどパワー健在。今開催も豪快な走りで魅了する。
坂井   洋   (栃木)
坂井 洋   115期ナンバーワンとして注目を浴び、素質通りに特昇を続け、わずか4ヵ月でS級、そして今期からS1の座へ。すでにGT戦は経験済み、これからも力を付け関東を代表する機動型へ成長するだろう。やはりスピードは痛烈の一語、軽快にベイサイドバンクを駆け抜ける。
谷口  遼平   (三重)
谷口 遼平   浅井康太を筆頭とする北勢グループで切磋琢磨しグンと良化している。昨秋の当所記念でも果敢な走りを貫き善戦。S1へ昇格した今期も力走中、福井では逃げ切りXなど充実そのもの。もちろん今開催は地元の主役としての期待がかかり、持ち前のスプリント力を発揮し快走期す。
大石  剣士   (静岡)
大石 剣士   先行基本の走りを押し通し着実に力を付けてきた。GV戦でもパワーを存分に好走、いよいよ来期S1昇格を決めた。そして何といっても次走は初めてのGTの晴れ舞台、ダービー出場とあって気持ちは高ぶっているはず。弾みを付ける意味でも先手必勝の気構えで一気発進!
A級1・2班戦
山本  巨樹   (大阪)
山本 巨樹   S級戦で好走しただけあって決め脚の威力はモノが違う。安定感抜群、2月から三連覇中。その間、静岡では今開催も一緒の北川大五郎と好連係を決めている。初日特選は北川の捲りをきっちり差し切り、決勝もスピード貰っての突き抜けX。捲り脚も温存しメンバー次第では発揮しそう。
上記選手については、傷病等により欠場する場合もありますので、ご了承ください。