★3月16日〜18日 岐阜(FT)注目選手 ひかり Top Pageへ
【レース展望】
≪S級戦≫
 今節一番層が厚いのは近畿勢となりそうだ。中西大(和歌山)や石塚輪太郎(和歌山)の自力型がいて、椎木尾拓哉(和歌山)、神田紘輔(大阪)と追込み型もしっかりしている。中部勢も地元不破将登と坂口晃輔(三重)が巧連係決めればVも狙える。南関勢も好調キープしている和田真久留(神奈川)を先頭に力付けている近藤保(千葉)が連係してのワンツーもありそうだし、芦澤大輔(茨城)や阿部力也(宮城)も展開次第となりそうだ。
≪A級1・2班戦≫
 注目したいのは今年の1月28日に特班決めて、1・2班戦初戦の奈良で好走した貴志修己(和歌山)だ。北川大五郎(大阪)との連係から近畿ワンツー有力だが、地元の藤原誠が黙っておらず中部のまとめ役となりV争いを演じよう。宮城の會澤龍や、須賀和彦(茨城)もV圏内だけに警戒したい。

 
【有力選手】
不破  将登   (岐阜)
不破 将登   2年4ヶ月前に当所岐阜でS級初Vを決めると、成績もグングン良くなり昨年はV3で勝率は3割を超え、地元を代表する自力型に成長した。近況はやや成績を下げているが、走り慣れたホームバンクだけに今年の初Vを狙う力強い走りで人気に応えよう。
坂口  晃輔   (三重)
坂口 晃輔   浅井康太、柴崎兄弟ら四日市の一大勢力、北勢クラブで日々鍛錬。ビッグレースでも随所に存在感を示し、三重を代表する追い込み選手に成長。小柄な体格ながらレースセンスは抜群。『忍者スタイル』に磨きをかけ、まずは記念初制覇を目指す。不破将登と共にシリーズを盛り上げる。
和田 真久留   (神奈川)
和田 真久留   昨年は出走回数が少ない割に大垣FTVや小田原記念V等、成績は安定している。ダッシュ鋭い捲りが得意だが、2月小倉では、三日間前受けから一旦下げてカマシ気味に発進してA1Bと好成績を残している。今節は強力な自力型が少ない事もあり、東日本の先導役となって自らもVを狙う。
椎木尾 拓哉   (和歌山)
椎木尾 拓哉   鋭い差脚を武器に、たとえ展開が悪くなっても最後まで諦めずに前へ踏み台頭する力がある。それに番手の仕事をキッチリするだけあって、自力型からの信頼は厚い。今節は同県の自力型の中西大や石塚輪太郎がいて、好連係からの和歌山ワンツーもありそうだ。
A級1・2班戦
藤原   誠   (岐阜)
藤原 誠   地元支部長を吉村和之にバトンタッチしてからは、練習量が増え、競走得点を徐々に上げS級復帰も見えてきた。1月松阪では、鐘前先行西浦仙哉の番手で捲り上げて来る堀僚介をブロックしてG前抜け出し今年初Vを決めた。2月高松決勝は2着だったが、BS捲りで自力で連に絡んでいる。
北川 大五郎   (大阪)
北川 大五郎   今年元日の豊橋決勝は土生敦弘(大阪)を差し切りV。続く四日市はBS捲りでV。更に奈良では大石崇晴(大阪)を差し切り完全Vを決めている。S級戦でも自力で勝ち星を挙げているだけあって、A級戦では各地で優勝候補となっている。岐阜バンクでも力強く押し切るか。
上記選手については、傷病等により欠場する場合もありますので、ご了承ください。