★11月30日〜12月2日 大垣(FT)注目選手 ひかり Top Pageへ
【レース展望】
 秋も深まり紅葉が綺麗な季節となったが、水都バンクはこれからも熱き戦いが繰り広げられる。主役はもちろん中部のエース深谷知広。FT戦となれば持ち味のパワーを存分に発揮し力の違いを見せ付けるか。三谷竜生−稲川翔の近畿勢らが待ったをかける。山中秀将の一発が侮れないし、吉澤純平もG前は好勝負に持ち込む。

 
【有力選手】
深谷  知広   (愛知)
深谷 知広   2009年7月の豊橋でデビューすると、一気に18連勝を果たしS級に特別昇班を果たす。その後2011年6月に行われた高松宮記念杯で最速GTを制覇する。ナショナルチームで鍛え上げた回転力はもはやワールドレベル。今回はFT戦だけに主役の座は誰にも譲らない。3日間、シリーズリーダーとして水都バンクを豪快に駆け抜ける。
三谷  竜生   (奈良)
三谷 竜生   2017年〜2018年にかけてダービーを連覇し、その後高松宮記念杯、グランプリを制覇し数々のビッグタイトルを手中に収める。近況は先行回数こそ減ったものの、パンチ力ある捲り脚は痛烈で前団を一気に呑み込む。今回は強敵、深谷知広が相手となるが稲川翔らとタッグを組みX戦線の一角に喰い込む。
稲川   翔   (大阪)
稲川 翔   学生時代はトライアスロンで活躍する。2014年宇都宮で行われた高松宮記念杯Xの実績を持つ。近畿の自力選手にとっては頼もしい存在で番手戦になると他ラインを痛烈にブロックし徹底的に援護を果たす。今回は野原雅也、三谷竜生と絶好の目標がいるだけに8月向日町以来、今年2回目のXを目指す。
山中  秀將   (千葉)
山中 秀將   落車禍で欠場していたが、5月豊橋の全プロ記念競輪で復活を果たすと徐々に調子を取り戻し、今期はFT戦X3を決める。捲りが主戦法なだけに展開に左右されるケースはあるが、ツボに嵌った時のスピードは強烈で輪界トップクラスである。今回は遠征での戦いとなるが、今の勢いなら4回目のXは十分に狙えるはず。
吉澤  純平   (茨城)
吉沢 純平   一時期落車が続き苦戦が続いていたが、今年になるとFT戦X4と目覚ましい活躍ぶりを見せる。巧みな位置取りから繰り出す捲り脚は痛烈で、七車立てとなれば威力も倍増。今回は深谷知広、三谷竜生ら強敵が揃ったが、関東勢の先陣を切り上位陣を驚かす走りを見せるか。
野原  雅也   (福井)
野原 雅也   体格こそ小柄だがダッシュの効いたカマし、或いは好位からの捲りで各地で善戦を果たす。10月四日市決勝では115期の気鋭、小原佑太を鐘後で叩き主導権を奪い、中井俊亮のXに貢献する。今回は近畿の先導役となり三谷竜生、稲川翔らと近畿勢を盛り上げ果敢な走りを披露するか。
上記選手については、傷病等により欠場する場合もありますので、ご了承ください。