★5月27日〜29日 大垣(FU)注目選手 ひかり Top Pageへ
【レース展望】
 今節は一、二班シリーズ。実力拮抗、新旧織り交ぜ白熱した戦いが繰り広げられそう。点数リーダーは今期二度の完全Xを誇る成松春樹。破竹の勢いがある後輩の山口敦也と共に優勝戦線をリードするが、前期S級の伊原克彦、角令央奈、山口貴弘らが総力を挙げ優勝争いに加わる。上昇一途の晝田宗一郎、復活を期す地元の森川康輔らも好勝負を演じる。

 
【有力選手】
成松  春樹   (佐賀)
成松 春樹   直近4か月の競走得点は97点オーバー。現A級トップクラスである。今期は以前のようなムラッ気が消え、勝ち上がり、決戦、と戦法のバリエーションも豊か。2月向日町は後輩山口敦也の番手で余裕の差し切り、3月松戸は小原丈一郎−日当泰之の二段駆け態勢をひと捲りし、いずれも完全X。冴え渡るスピードは今回も優勝候補の筆頭格。
晝田 宗一郎   (岡山)
晝田 宗一郎   ルーキーチャンピオンレースでは大ガマシを敢行、結果は高橋晋也−朝倉智仁に捲られたが、大いに見せ場を作った。それからも着実に成長を続け、4月の充電期間を経た5月の地元戦決勝は橋本瑠偉の捲りを踏み直しで合わせ、先輩の小玉拓真の追撃を振り切ってのものと見事な内容で一、二班戦初Xを決めた。才能を花開かせた大型先行の勢い加速か。
上記選手については、傷病等により欠場する場合もありますので、ご了承ください。