★5月21日〜23日 大垣(FU)注目選手 ひかり Top Pageへ
【レース展望】
 今回はガールズ&チャレンジ戦。どちらも好メンバーが揃い見どころ満載のシリーズだ。ガールズは鈴木美教、梶田舞が優勝候補の双璧。調子を上げてきた高橋朋恵が台風の目となりそう。小坂知子、野本怜菜も善戦必至。チャレンジ戦は115期6人が激闘を繰り広げそう。勝率7割を超える谷和也が優勝候補筆頭だが、山本修平、伊藤奎、松尾勇吾、池川瑠威、勝谷勝治の力も遜色ない。

 
【有力選手】
ガールズケイリン
鈴木  美教   (静岡)
鈴木 美教   総合力の高さはガールズ全体でもトップクラス、今シリーズ随一。今年の勝率は7割を優に超え、福井コレクションを除けばすべて確定板にのぼった。三月当所は一走目鐘4角カマシで後続を突き放すと、そのままぶっちぎりの一人旅。決勝は外併走から尾崎睦をひと捲りし完全X。逃げて、捲って、捌いて良し、と三拍子揃ったオールラウンダー。
梶田   舞   (栃木)
梶田 舞   過去二度ガールズグランプリを制した元女王。その実力者が苦しんでいる。年初からのスランプを脱したかにみえたが、二月の落車で長期離脱。復帰戦の玉野は本来の動きに遠かったが、それでも凌いで決勝進出を果たすと、決勝はホームカマシを敢行。四着に沈んだとはいえ、意地を示した。そこから二週間弱を経てどう立て直してくるか、逆に見もの。
チャレンジレース
谷   和也   (大阪)
谷 和也   高校時代にポイントレースで鍛え抜かれた強地脚。それはデビューしてから更に磨かれ、大型徹底先行として成長を続けている。前回武雄戦も見事な勝ちっぷり。予選、準決を突っ張り、ロング捲りで勝ち上がると、決勝はジャンガマシで野上竜太、前川大輔らの追撃を振り切り完全X。今回も点数リーダーらしく迫力満点な先行勝負で突っ走る。
山本  修平   (東京)
山本 修平   逸材揃う115期の卒記チャンピオン。小原佑太、坂井洋らを鮮やかな追い込みで下し頂点に立った。大学時代も1kmトライアルで活躍した実力から考えると、伸び悩んでいる現状ではあるが、三月伊東戦で磯村蓮太の逃げを2角捲りで一気に捲り去り完全Xを決めるなど勝ち切る時は強烈な印象を与える。今回は5人の同期相手に在校2位の力を見せつけるか。
上記選手については、傷病等により欠場する場合もありますので、ご了承ください。