★4月11日〜13日 大垣(FU)注目選手 ひかり Top Pageへ
【レース展望】
 開幕シリーズ第二弾は一、二班戦。かつて特別競輪の常連だった岡田征陽がネームバリュー的にも断トツの存在だが、113期ナンバーワンの橋本瑠偉のスピードには注目が集まる。竹田和幸が地元の意地を、ルーキー城戸俊潔が勢いを示して優勝争いに加わるか。

 
【有力選手】
岡田  征陽   (東京)
岡田 征陽   記念はもちろん、FTまで含めればS級優勝は数知れず。その実力者が失格点により降級の憂目に。実績、底力は当然、今シリーズ随一。A級ではさすがに決め脚は物が違う。高松Xを皮切りに自力も交えて三連覇。今回は東勢の機動型が手薄だが、力と技を総動員させ存在感を示す。
橋本  瑠偉   (佐賀)
橋本 瑠偉   逸材揃う113期の在校ナンバーワン。デビュー間もないチャレンジ時代に当所で嵯峨昇喜郎ら相手に激闘を繰り広げたのは記憶に新しい。まだ粗削りな面は否めないが、その加速力、スピードは素晴らしく先述の嵯峨、宮本隼輔らと互角に渡り合える力を持つ。今シリーズも必ずや快速で魅せるはず。
竹田  和幸   (岐阜)
竹田 和幸   かつて強地脚で鳴らし、中部の機関車として記念等でも活躍した実力者。追い込みに転向してからも切れ味鋭い決め脚でS級上位陣相手に好走した。降級後はさすがの存在感。今期も四日市で佐藤朋也を、久留米は橋本瑠偉らを直線強襲で下しX2。ホーム戦の気合と相まって主役級の走り。
西田  将士   (長崎)
西田 将士   戦法転換期にあった昨期は苦しみながらも地元記念で確定板にのぼるなど善戦した。降級後は波に乗れないでいたが、3月四日市はハコ捲りで伊藤稔真を下し、高松で松岡孝高の捲りに続いての連続決勝進出、ようやくエンジンが掛かって来た。今回は自力、捌きの両面策で上昇気流に乗る。
上記選手については、傷病等により欠場する場合もありますので、ご了承ください。