★1月19日〜21日 岐阜(FU)注目選手 ひかり Top Pageへ
【レース展望】
≪A級1・2班戦≫
 主役となるのは伊藤稔真だ。地元の竹内公亮を引き連れ寒風吹き飛ばす快走を見せるか。同じくS級下がりの岸川哲也が市村昌樹らと連係を決め逆転を狙う。遠征勢は山口貴弘が、同県成松春樹らを目標に直線決め脚発揮の場面は十分。小倉、広島をVで決めた上吹越直樹の一発が侮れない。113期の中嶋宣成、渡邉直弥がどこまで抵抗出来るか。
≪ガールズケイリン≫
 ガールズケイリンは今回、コレクションのトライアルレースとなる。豪華なメンバーが揃ったが、やはり中心の座となるのは児玉碧衣だろう。復調成った高木真備、奥井迪の東京勢が追撃する。好気配見せる鈴木美教、梶田舞も互角の勝負を演じるか。

 
【有力選手】
伊藤  稔真   (三重)
伊藤 稔真   浅井康太、柴崎兄弟らが率いる北勢グループの一員。S級は昨年後半の一期だけとなったが、それでも各地で連絡みを果たし好走する場面は十分あった。恵まれた体格から繰り出すスピードはA級なら屈指の存在。今シリーズは地元の竹内公亮らと連係し岐阜バンクを疾走しよう。
竹内  公亮   (岐阜)
竹内 公亮   長らくS級で活躍した実力者ではあるが、近況は大きい着順もあり今期から無念のA級戦となる。しかし今回は地元戦だけにいつも以上に気合いが入る。何と言っても伊藤稔真の指定席が確保されているだけに、Vに向け最短距離にいるのは間違いない。番手の仕事をしっかりと決め、直線鋭脚を発揮するか。
山口  貴弘   (佐賀)
山口 貴弘   混戦になれば時折、痛烈な捲りを放つ場面もあったが近況は追込み主体の競走で各地で善戦を果たす。好目標さえつかめば直線鋭い差脚で突っ込み他勢らを驚かす存在となろう。今回は同県の後輩、成松春樹がいるだけに同じレースとなればVのチャンスはおのずと近づいて来る。
中嶋  宣成   (長野)
中嶋 宣成   113期の中では在校順位は中堅クラスだが、先行数は断トツの1位。「デビュー後はすぐに使える先行で力を付けたい」と強い信念を貫いた。2班昇班直後は準決がカベになっていたが、10月別府で準Vを決めるとそこからはキッチリと優参を果たすまでになってきた。鋭いダッシュ力を武器に上位クラス相手に一泡吹かせるか。
ガールズケイリン
児玉  碧衣   (福岡)
児玉 碧衣   今や一般開催のレースになると後続を千切り、もはや敵なしといった感がある。昨年末に立川で行われたガールズグランプリは見事に連覇を達成する。今年も気持ちを新たに、ガールズコレクションに向けて他勢を持前のパワーでねじ伏せ、幸先良いスタートを決めるか。
高木  真備   (東京)
高木 真備   昨年の夏に連続落車し、その後調子を崩していたが和歌山を皮切りに久留米まで四場所連続完全Vを決め、復活を果たす。今回はトライアルレースなだけに自力選手が多数揃ったが負けられない所。本来の機動力をいかんなく発揮し、岐阜バンクを颯爽と駆け抜ける。
上記選手については、傷病等により欠場する場合もありますので、ご了承ください。