★5月2日〜4日 四日市(FU)注目選手 ひかり Top Pageへ
【レース展望】
 ナイターレースで賑わいを見せる四日市競輪も、ついにミッドナイト競輪が始まる。一発目はA級3班のチャレンジレースとなるが、佐々木堅次、今井聡、井田晶之の113期勢らでX争いか。降班後も安定した成績を誇る園田鉄兵が逆転の一番手。地元の下岡将也、花村直人も意地を見せるか。

 
【有力選手】
井田  晶之   (愛知)
井田 晶之   学生時代は野球に打ち込み、大学では名スラッガーとして活躍した。「最初は勝ち方が分からなかったけど、だんだんと着が取れるようになった。」と競輪学校で成長を遂げる。1月西武園で特班を逃したが、その後も各地で優参し安定した成績を残す。今回は佐々木堅、今井聡と同期が揃ったが地元地区だけに負けられない処だ。
佐々木 堅次   (福島)
佐々木 堅次   高校時代は中長距離種目で活躍する。競輪学校時は逃げから追い込みまで多彩な戦法を繰り出した。「地脚には自信がある。競走訓練では色んな戦法を試して勝負所の勘を養った。」との事。今回は先行はもちろん、同型がいる時は捲り、或いは自在な戦法を見せてベイサイドバンクを疾走するか注目。
今井   聡   (東京)
今井 聡   学生時代はサッカーに打ち込んだ。大学を卒業して就職しその後26歳から自転車に乗り始める。競走訓練では強烈なスピードで善戦を果たす。年齢は31歳だがオールドルーキーの挑戦がこれから始まる。当所は1月に優勝を決めているだけに相性はいいはず。同型相手に持ち前のパワーを発揮し、X戦々の一角に喰い込む。
園田  鉄兵   (熊本)
園田 鉄兵   降班する選手の中には113期ら若手がいて苦戦するケースもあるが、園田に限ってはそれは別の話。1月から全て決勝進出を果たし2月川崎と、3月別府でXを飾る。2月小松島と3月別府決勝以外は全て連絡みを果たし安定感は抜群。いずれ113期勢らが相手となるが、経験値とレース運びの上手さにモノを言わせ、今期3回目のXを狙う。
上記選手については、傷病等により欠場する場合もありますので、ご了承ください。