★2月12日〜14日 四日市(FU)注目選手 ひかり Top Pageへ
【レース展望】
 S級でも好走した西本直大、鈴木謙二の対決だが、金野俊秋がケガから復調気配だけに乱戦と化す。中部勢は下岡優季の出来が鍵を握りそう。チャレンジ戦は福永大智、鈴木輝大、上野優太ら113期勢の力勝負が見所になる。ガールズはグランプリレーサー梅川風子が主役。同期の吉村早耶香が果敢に挑む。細田愛未も機動力を存分に発揮。

 
【有力選手】
西本  直大   (大阪)
西本 直大   持ち前のダッシュ力、スピードを発揮しS級で好走した。3年ぶりのA級戦となるが、もちろん総合力は今開催屈指。強烈なカマシ、捲りに加えて、同地区の若手の機動型と同乗した時はマークもそつなくこなす。降級緒戦の奈良、田村風起任せから二段駆けで先輩松村友和のVに貢献。
鈴木  謙二   (東京)
鈴木 謙二   S級時の昨年末の広島記念、鐘発進で才迫開、山本健也を完封し、続く防府、好位から先に仕掛け、岡崎智哉、五日市誠らに快勝。恵まれた体格から繰り出す脚勢はさすがにダイナミックで当然V候補。先行、捲りはタイミングひとつだろうが、豪快にベイサイドバンクを駆け抜ける。
チャレンジレース
福永  大智   (大阪)
福永 大智   高校時代は自転車競技ケイリンで活躍し佐川翔吾へ弟子入り。ダッシュ、パワーを兼ね備え、デビューからの連対率は9割近くを誇りV4、準V5の戦歴。今年緒戦の玉野、11秒1の快速発揮し完全Vと好スタートを切った。いずれS級で好走する逸材が勢いそのままに突っ走る。
ガールズケイリン
梅川  風子   (東京)
梅川 風子   学生時代はスピードスケートの第一人者が輪界入り。やはり能力は抜群に高くゴールデンキャップ獲得、そして卒記チャンプに輝く。デビュー後も常にV争いを繰り広げ、小倉では勝負強さを見せつけてグランプリ出場へ。気持ち新たに今年緒戦の高知、奥井迪、鈴木美教を完封し堂々の逃げ切りで完全V。
上記選手については、傷病等により欠場する場合もありますので、ご了承ください。