★1月15日〜17日 大垣(FT)注目選手 ひかり Top Pageへ
【レース展望】
 S級優勝候補となるのはホームバンクの竹内雄作だ。地元の代表として万全の調整で乗り込んでくるはずで、マーカー坂口晃輔と好連係を決めれるかが鍵となる。だが、別線も強力で山中秀将−勝瀬卓也と並ぶ南関勢も力量的には互角。佐々木豪−小倉竜二の四国勢も遜色ないし、九州の荒井崇博も位置取り次第となりそうだ。
A級戦では中部勢が層が厚く、小堺浩二−鈴木幸紀の連係が見ものとなる。先行力ではS級下りの金沢幸司も強力で佐藤純嘉の援護もあり虎視眈々と逆転を目指す。

 
【有力選手】
竹内  雄作   (岐阜)
竹内 雄作   徹底先行で早駆けも苦にしないタイプで地元の代表。昨年の5月名古屋記念辺りから調子を上げ、オールスター決勝まで勝ち進んだが、10月ェ仁親王牌での落車で約一ヶ月の欠場、その後今一ツの成績だったが、今年の緒戦の立川記念では確定板に四日連続で載り復活をアピールした。ホームバンクで今年の初Xを目指す。
山中  秀將   (千葉)
山中 秀將   12月の四日市記念で連覇を目指したが無残に二次予選で敗退。その後の二走は二勝しており調子は良かったはずだ。捲りが主戦法ゆえに安定感は欠くが、ツボに嵌った時のスピードは痛烈で輪界トップクラスである。昨年は優勝がなかっただけに、今年の緒戦である大垣で好成績を残してスタートダッシュを決めたい所だろう。
小倉  竜二   (徳島)
小倉 竜二   競輪祭でX決めたのは13年前となるが、今でも切れ冴える差脚は健在で各地で好成績を残している。11月初めの向日町では取鳥雄吾の捲りをキッチリ差し切ってのXと番手戦はしっかりモノにしており、今節は成長している佐々木豪と四国の強力先行型とタッグを組み優勝争いに参戦してこよう。
坂口  晃輔   (三重)
坂口 晃輔   浅井康太や柴崎兄弟ら今や四日市の一大勢力の北勢グループの一員として活躍している。小柄な体型だが、そこは抜群のレースセンスと気力でカバーして順調にレベルアップしている。特別競輪や記念でも勝ち星を挙げるまでに成長しており、今節は地元の竹内雄作と強力タッグを組み上位独占を目指そう。
A級1・2班戦
鈴木  幸紀   (三重)
鈴木 幸紀   半年でA降級となるも、S級戦でも連に絡んでいただけあってA級戦では各地で優勝候補となる存在だ。追込み屋だけあって目標次第となるが、S級戦では廻る位置が悪かったがA級戦では話は別。今節は地元の松岡晋乃介や愛知の山口智弘に小堺浩二と中部の自力型が揃っているだけに、番手から抜け出す展開が多くなる。
上記選手については、傷病等により欠場する場合もありますので、ご了承ください。