★12月24日〜26日 大垣(FU)注目選手 ひかり Top Pageへ
【レース展望】
 年末の全国斡旋。小川丈太、隅田洋介、船瀬惇平が激しい先行争いを繰り広げる。山崎翼のスピードも魅力一杯。もちろん森川康輔−上田隼が地元の意地を見せX争い。チャレンジ戦は福田真平、高井流星、八嶋稔真ら113期勢がしのぎを削るが、樋口瑛土、矢田晋の一撃十分。

 
【有力選手】
A級1・2班戦
小川  丈太   (徳島)
小川 丈太   ちょうど一年前の佐世保チャレンジファイナルで同期の吉田昌司らを相手に豪快に逃げ切り特別昇班へ。その後も果敢な走りを貫き着実にパワーアップし、来期S級昇格を決めた。やはり持ち味は父で師匠、圭二氏譲りのガッツと強地脚。いつも通り先手必勝の気構えでパワー全開に突っ走り、今年を締めくくる。
上田   隼   (岐阜)
上田 隼   地元の主役。すでに追い込み主体だが、ペース次第では捲りもある。意欲的に前々から好位キープと安定感十分の立ち回りを見せ、9月四日市では逃げる猪狩祐樹−泉慶輔の三番手から強襲しX。今回は同県の後輩、森川康輔との好連係も見られるだろう。鋭い決め脚で突き抜け、来期S級戦へ弾みを付けたい。
山崎   翼   (大分)
山崎 翼   回転力、スピードは今シリーズ屈指。前期のS級戦では積極的に駆けていたが、今期は勝ちに徹してか捲り多用に。となるとまずは中団確保からの組み立てになるか。9月地元の別府、吉武信太朗をねじ伏せX奪取。続く豊橋準決は大外を踏み込み11秒3で快勝。ここも持ち味を存分に発揮し優勝争いへ。
隅田  洋介   (栃木)
隅田 洋介   相手が誰であれ先行一本の姿勢を貫き、前期のS級戦でも大いに見せ場を作った。降級始めの頃は惜しくも決勝進出とはいかなかったが、徐々に良化の兆しを見せている。9月の当所ミッドナイトでは磯島康祐に屈したが準Xに粘り込む。ダッシュ、パワーを兼ね備えており、軽快に水都バンクを駆け抜けよう。
チャレンジレース
福田  真平   (愛知)
福田 真平   プロのロードレースから競輪へ転向。113期在校時は捲り差し主体で22位。10月弥彦、名古屋連覇はいずれも後方からの仕掛けだったが、同期の田中和磨、篠田樹をそれぞれねじ伏せる。学校時からスピード、持久力共に優れており、積極的な走りで快走期す。
矢田   晋   (福岡)
矢田 晋   S級経験もあり実績屈指。すでに40歳だが果敢な走り、強地脚は健在。今期こそチャレンジ戦だが、9月和歌山完全Xを皮切りに8場所連続で決勝進出とパワーを見せつけている。そして今開催での得点は最上位。ここも底力を見せつける。
上記選手については、傷病等により欠場する場合もありますので、ご了承ください。