★5月30日〜6月1日 四日市(FU)注目選手 ひかり Top Pageへ
【レース展望】
 今節は109期、野村典嗣(愛媛)を主力に、同県広川泰昭がガードする愛媛勢を中心とみる。中部勢は堀兼壽(岐阜)と水谷将司(愛知)の105期コンビの自力タイプが迎え撃つ。復調気配のベテラン中川博文(福井)と中村良二(福岡)に、鈴木良太(静岡)に石井毅(神奈川)の南関勢も侮れない。

 
【有力選手】
野村  典嗣   (愛媛)
野村 典嗣   109期で1着6回、2着7回で在校20位の中堅クラス、昨年4月にA級2班への特班を決める。4月小倉11@着。決勝は岡山勢多田晃紀−高津晃治の先行を、瓜生崇智が中団から先に捲りを決めるも、更に捲り完全Xを果たす。成績は多少ムラがあるものの、来期のS昇級を決めているだけに今節の中心の存在になろう。
広川  泰昭   (愛媛)
広川 泰昭   的確な位置取りからシャープな追込み脚を中心に、もつれる展開では捲りを放つ自在脚もある。今年1月から再度A級1班に復帰する。4月和歌山決勝では小岩哲也を叩き返した藤岡隆治を目標にキッチリ差し切り、1月小倉以来の今年2回目の優勝を決める。今節は野村典嗣との連係からX目指す。
ガールズケイリン
長澤   彩   (愛知)
長澤 彩   ガールズケイリンで中部を代表する選手。スピード良い捲りを中心に幅広い戦法をコナす。5月20日現在通算350走154勝、優勝27回。今年は5月武雄で完全Xを含め6回と安定した成績を挙げる。当所四日市は昨年12月に加瀬加奈子に惜敗して以来の参戦。今節はファンを魅了する走りを見せてくれよう。
鈴木  美教   (静岡)
鈴木 美教   高校、大学とバスケットボールで培った体力で112期で適正入学。1着28回、2着17回で在校5位の成績。昨年夏の千葉で完全Xのデビューを果たす。近況は4月青森の完全優勝を含め通算10回の優勝。先行、捲り、追込みとバランス良く戦い初出場となる四日市バンクでの活躍に期待したい。
上記選手については、傷病等により欠場する場合もありますので、ご了承ください。