★5月28日〜30日 岐阜(FT)注目選手 ひかり Top Pageへ
【レース展望】
<S級>
 戦歴上位の菊地圭尚が捲り併用の決め脚発揮し底力誇示。しかし森川大輔に地元の意地。気鋭島川将貴が同県の先輩、山形一気、北村信明を連れ豪快に発進。安部貴之、小林則之も圏内。
<A級>
 北野良栄が果敢に突っ走り、呼応する笹倉慎也、後藤彰仁ら中部勢で上位独占を狙う。対する伊原克彦のパワーも互角。吉松直人の突っ込みや、上吹越俊一の捲り一撃十分。

 
【有力選手】
菊地  圭尚   (北海道)
菊地 圭尚   北海の雄として存在感を示し、長らくGT戦で活躍。3年前の静岡、全日本選抜では表彰台へ。破壊力、スピードはさすがで、たとえ目標がなくとも好位、中団で切り抜け渾身の捲り炸裂。平塚ダービーは無念の落車失格に終わったが、ここで奮起の快走期し、次走の岸和田、高松宮記念杯へ弾みを付ける。
森川  大輔   (岐阜)
森川 大輔   天性のダッシュ力、スピードは定評高く、二年前からS1で活躍中。また競技でも竹内雄作、松岡篤哉と組むチームスプリントで地区プロ三連覇の実績をもつ。すでに自在戦だが、西武園記念では浅井康太を連れて気を吐く。今シリーズは地元の主役、持ち味を存分に発揮し昨年末に続き連覇を狙う。
山形  一気   (徳島)
山形 一気   強地脚を活かした先行から自在型へと移行。その分、飛び付きなどの位置取りにも意欲を見せ、また捲り脚も強烈そのもの。総力戦でV争いにしのぎを削るが、同郷の後輩、島川との連係も見られそう。その時は徹底ガードから差し切り台頭しよう。4月西武園記念、鈴木謙太郎、松谷秀幸らに2勝。
島川  将貴   (徳島)
島川 将貴   同県、同期では太田竜馬に注目されがちだが、島川もポテンシャルはかなり高い。自転車経験は浅かったが果敢な走りを貫き、特別昇班、昇級を重ねデビュー後1年4ヵ月後には早くもS級初Vを達成。気っぷの良い攻め、強靭な粘りは魅力一杯で、まだまだ伸びる逸材。ここも先手必勝の気構えで突っ走る。
上記選手については、傷病等により欠場する場合もありますので、ご了承ください。