★2月26日〜28日 大垣(FT)注目選手 ひかり Top Pageへ
【レース展望】
S級展望
 混戦模様のシリーズだが、層の厚さは近畿勢で実権を握りそう。成長著しい石塚輪太郎と連係の椎木尾拓哉がX最短。一発の魅力あるのは松岡貴久だろう。和歌山、平塚を連覇して勢いにのる。他にも岩津裕介、牛山高広などが圏内。
A級展望
 上位クラスの機動力が接近で激戦模様。S級でも勝ち星挙げていた小笠隼人が力を示したい。楠木幸志郎も11月以来Xこそないが各地で好成績を収めて、強烈な捲り脚は目を見張る。笹倉慎也も広島Xなど好調で一発の破壊力は十分。 

 
【有力選手】
椎木尾 拓哉   (和歌山)
椎木尾 拓哉   強豪揃う近畿地区でも目おとりしないまでに成長した。マーク屋の仕事は番手死守はもちろんの事、けん制ブロック等を有するがテクニックも向上し安心してみていられる。満を持して参戦した地元和歌山記念だが、不本意は結果で終わり。気持ちを切り替えて挑む。
石塚 輪太郎   (和歌山)
石塚 輪太郎   在校時は総合第3位にランクされ、卒業記念レースでは決勝進出を果たす。S級戦はビックネームが相手でも徹底した先行でアタックをかけるパワーファイター。時には暴走気味なレースもあるが若さのご愛嬌か。地元和歌山ブロックセブンで優勝と勢いに乗る。
小笹  隼人   (京都)
小笹 隼人   村上グループに練習参加して、厳しい環境の中で肉的、精神的にも大きく成長している。前期のS級でも勝ち星はきっちり挙げて、普段通りの力は示していた。降級後の練習バンクの向日町では勝ち負けだったが、次の高松ではピンピンと勝ち上がり決勝は打鐘先行から中井護に差されはしたが強地脚を発揮。
上記選手については、傷病等により欠場する場合もありますので、ご了承ください。