★12月14日〜16日 四日市(FU)注目選手 ひかり Top Pageへ
【レース展望】
 一二班戦をリードする機動型の状態は明暗分かれる!?落車禍から復帰する松田大、スランプ状態の宮本龍一に対し、勢いに乗る中川勝貴、奥出良の109期勢が挑戦状を叩きつける。一方のマーク陣は実力者がぞろり。山口泰生、川木敬大らが調子に関係なく前S級の捌き、決め脚を示すか。自在型も高田大輔、秋山貴宏が復調急でX争いに加わる。チャレンジ戦はホームバンクで気合充実、伊藤稔真が断トツのX候補だが、同期の染谷幸喜、境啓亮らの猛攻必至!

 
【有力選手】
松田   大   (富山)
松田 大   今シリーズの競走得点リーダー。早駆け辞さずの闘志あふれる走りが売りだったが、近況は位置取りにも進境をみせ安定感がグッと増した。今回は武雄で飛ぶ鳥を落とす勢いの山崎賢人と激闘の末、落車という憂いき目に遭ってからの復帰戦だが、来期S級に向ける意味でもきっちりと状態を立て直してくるはず。
山口  泰生   (岐阜)
山口 泰生   昨期S級一班、富山記念で準決に駒を進めるなどした実力者。前々期も100点近く確保していたが三度の失格で無念の降級。その失格の二文字は今期も付きまとい、緒戦でいきなりのビハインドを抱えた。そこからは点数挽回に奮闘、決め脚はさすがなもので今期X2。今回は期末の総仕上げ、S級評価点を盤石なものに。
中川  勝貴   (福井)
中川 勝貴   父は61期の博文。年初の佐世保で特昇班を決めると、そこからも着実に力を付け、岐阜は赤板発進で逃げ粘り、武雄で捲り上げて確定板にのぼるなどステップアップ。そして10月の地元戦で遂に一二班戦初Xを決めた。切れのいいカマシ、捲りはもちろん、押さえ先行もこなす気鋭から今回も目が離せない。
《チャレンジレース》
伊藤  稔真   (三重)
伊藤 稔真   師匠は浅井康太。兄は100期の裕貴。卒業記念競走で決勝に駒を進めた逸材は、北勢グループでさらに研鑽を積む。恵まれた体格から繰り出されるパワーは迫力十分で、未だ特昇班に至らないのが不思議なくらい。前回は後方捲りだったが同期対決を制して完全X。ここと別府できっちり決めてチャレンジ戦を卒業だ。
上記選手については、傷病等により欠場する場合もありますので、ご了承ください。