★12月7日〜9日 四日市(FU)注目選手 ひかり Top Pageへ
【レース展望】
 全国配分で細切れのレースが多くなりそうだが、層が厚いのは九州勢か。優勝候補の大野悟郎や樫山恭柄に加え力を付けている瀬戸晋作もおり、巧連係が見物となりそうだ。機動力は宗崎世連が強力でペース駆けに持ち込めればXも十分可能。南関勢も侮れない。根藤浩二−会田正一の千葉コンビに藤原清隆と実力者揃いで優勝争いに喰い込んで来る。中部勢は地元の古田義明が指令塔となり北村篤との連係から砦を守れるかの勝負となろう。
 ガールズ戦では、奥井迪と長澤彩のガールズGP出場を決めている二人の力が抜けており両者のマッチレースと見る。

 
【有力選手】
大野  悟郎   (大分)
大野 悟郎   一時期、練習中の落車の大怪我でA3班(チャレンジ)まで降班していたが、そこから不死鳥の如く蘇り、S級まで上り詰める。来期のS級復帰も決まっている。鋭い捲りを武器に今年はX4を決めており、好位で脚を溜めて廻り、最終的に得意の捲りでX争いに喰い込んでこよう。
宗崎  世連   (高知)
宗崎 世連   100期適性組から着実に力を付けてS級まで昇級したが、今期から無念の降級。デビュー当初から先行基本の積極的な走りを身上としているが、展開によっては捲りに廻る事もあり、ダッシュ力はかなり強烈だ。まだまだ伸びしろもありS級復帰を目指し、豪快な走りを披露しよう。
樫山  恭柄   (福岡)
樫山 恭柄   本来は自在型だが、近況は目標のあるレースが多く追込みの競走が増えている。その為か今期に入り成績も抜群に良くなりコンスタントに優勝を決めている。10月久留米決勝では今節参加している大野悟郎と連係するも、大野が内に詰まると自ら追上げ直線シャープに伸びて今期四度目のX。四日市でも鋭い決め脚で台頭するか。
会田  正一   (千葉)
会田 正一   かつては特別競輪で活躍しておりGT制覇まで後一歩の所まできていた実力者。年齢による脚力の衰えもありA級に甘んじているが、捌きに関しては未だ一級品だ。追込み屋だけあって目標次第のレースも多くなっているが、展開が嵌った時はキッチリ抜け出ししっかりモノにしている。
ガールズケイリン
奥井   迪   (東京)
奥井 迪   今年もガールズGPの出場を決めており、昨年のGPでは誰もが躊躇する仕掛けを、いつも通りのレーススタイルを貫き先行勝負で日本一まで後一歩の所まで粘り込んだ。ダイナミックなフォームから練り出されるパワーはガールズ随一だろう。今節はX候補筆頭として四日市バンクを疾走する。
長澤   彩   (愛知)
長澤 彩   前受け、中団、後ろ攻めとどこからでも組み立てられる柔軟な動きで抜群の安定感を見せる。5月ダービーの時に行われたガールズコレクションで初栄冠を手にする等、今年X8で現在賞金ランキングは3位。中部地区の競走だけあって主役の走りで人気に応えてくれよう。
上記選手については、傷病等により欠場する場合もありますので、ご了承ください。